毎日違うTシャツを着る 241日目


365日、毎日違うTシャツを着ています。

本日は「現在進行形の生けるパンクバンド」、RANCIDのTシャツです。

実は今日、祖父の葬儀のため、茨城県の山奥に行ってきたのです。

さすがにその時は、「現在進行形の生けるTシャツ着用人」である僕も、喪服ではせ参じました。
写真は、帰京後の目黒大戸屋におけるものです。

さて、大戸屋で平和に鳥肉を食べていると、僕のとなりに親子連れが座りました。

母親と娘のようなのですが、会話の中で「じじい」という単語が聞き取れ、それは次第に
父親のことである、と分かったのです。

悲しい気持ちになりました。
事情があるように見えましたが、さすがに「じじい」はひどい。

この娘は見たところ小学校高学年のようですが、きちんと育つでしょうか。

そのとき、RANCIDのTIMがインタビューで
「俺は子供のころ、悲惨な環境で育ち、パンクロックだけが救いだった。
世の中にはぶっ壊れた家庭の子供がたくさんいる。そのためだけにも音楽を続ける」
と言っていたのを思い出しました。

愛にあふれた家庭もあれば、一方で逃げ出したくなるような家庭もあると思います。

願わくば、そういう悲しい状況が少しでも減るといいな、と思いました。

アデュー

似ているTシャツ



2 Comments

  1. Doing great… Glad to see you’re still making it. Only 125 left to go.
    +Brian

  2. admin wrote:

    > Brian

    Thanx for your comment!!
    Only 125 days left.. So long!!

コメントを残す

stack