KUROFUniさんに行って来ました


まだまだ暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今年もTシャツの季節が終わろうとしておりますが、我々にとってはそんなことはあまり関係ないのであります。
なんせ、連日Tシャツですからね。
セーターとか、着たことないです(うそです)。

さて、先日よりTシャツを送って頂いておりました 
デザイナーズファストファッションブランド KUROFUni(クロフニ)さんのオフィスに
遊びに行かせて頂いたので、レポートしたいと思います。

KUROFUni(クロフニ)さんのオフィスは、日野の方にあります。
僕は初台に住んでいるので、実は京王線で一本なのですね。

当日は東京Tシャツ部のクラゲさんと一緒でした。

二人で待ち合わせしまして、駅から至近のオフィス訪問

ドアを開けると。

応接スペースのソファも机も真っ赤!

そこに「いやぁ、私、赤が好きなんですよ」とにこやかに登場されたのが、社長の庄司さんです。

庄司さんはネット系の事業を経営されている社長さんなのですが、とても気さくで始終スマイリーな方です。

お話を聞くところによると、庄司社長も大のTシャツ好き。
そして、Tシャツの事業を行いたいと思い、今回KUROFUniを立ち上げたのだそうです。

そして、最新のTシャツプリンターも見せてもらいました。

でん。

これがBROTHERの最新機種。解像度がとても高いので、写真などもキレイに出ます。

ここでクラゲさんがすごい勢いで食いついて、Tシャツプリンターの性能などについて庄司さんと語っていて
面白かったです。
どんな分野にも専門家はいるんや。

で、早速、一枚刷ってもらうことに。

この「THAT’S ボタン!」というボタンを押すと、スタートします。
個人的にはこのボタンがかなりツボでした。

「押してみます?」というので、押させて頂きました。
冷静を装っていましたが、結構僕テンションあがってました。

こんな感じで出力されます。

さすが最新機種。グラデーションがめっちゃキレイです。

ちなみに、このデザインは庄司さんの愛犬「風之心(ぷーのしん)」君を擬人化したものだそうです。

庄司さんは鳥山明の大ファンで、このテイストが書けるデザイナーさんを見つけてわざわざオーダーしたとか。

ああ、確かにドラゴンボールとかの挿絵ってこんな感じですよね。

そして、出力されたTシャツを今度はアイロンにかけます。

庄司さん曰く、この手順はとてもテクニックがいるらしく、試行錯誤して一番良いやり方を編み出したそうです。

そして完成。
バックプリントもキレイです。

さらにそれをその場で特製の袋に封入してもらい、お土産に頂きました。

いやぁ、ありがたい。

できたてのお煎餅とかお饅頭というのは聞いたことありますが、「できたてのTシャツ」というのは初めてでした。
ありがとうございました。

そんな感じで、ナイスプレジデント庄司さんの1ショット。

庄司さんは物腰柔らかながらも、奥に情熱を秘めている人で、とてもイイお話がたくさん聞けました。

クラゲさんとはTシャツ業界の話をされておりましたが、クラゲさんのTシャツ話はいつも面白いです。


そんなわけで、KUROFUni(クロフニ)さん訪問(とブラザーの最新機種)のレポートは以上です。

KUROFUniさん、ありがとうございました。
頂いたTシャツは後日着用したいと思います。

さて。

庄司さんが「大のTシャツ好き」と聞いては我々も黙っておれません。
なんせ、Tシャツ好きすぎて事業をはじめてしまう人ですから、この熱量はハンパないです。

ここでお知らせ。

なんと、今後庄司さんに365Tshirts.comのメンバーとしてTシャツを着て頂くことになりました!
おおー!

庄司さんには、主にご自分のブランドのTシャツを着て頂くことになりそうです。
楽しみですね!

そんなわけで、楽しい時間をありがとうございました。

もうすぐ秋ですが、我々のTシャツジャーニーは終わりません。

アデュー

似ているTシャツ



3 Comments

  1. nonpoly wrote:

    わぁ、このプリンタ、、、欲しいなぁ

  2. Name * wrote:

    素晴らしい!!!

  3. tokyotshirts wrote:

    【T☆news】KUROFUniさんに行って来ました http://t.co/tec2m9AG

コメントを残す

stack